ふくらはぎを細くする着圧ソックスの正しい使い方と履き方

着圧ソックスでふくらはぎを細くできる?

 

仕事を終えて家路につくと、靴を脱いだら「あぁ〜、やっと解放されたぁ!」とホッとしますよね。
夕方に入ると、ふくらはぎが浮腫んで靴がきつくなってくるからですが、できたらパンパンにならないで帰りたいでしょう。

 

そんな時に着圧ソックスを使うのです!
そこで今回は、ふくらはぎを細く見せる着圧ソックスのことやオススメの商品についてご紹介していきます。

 

 

着圧ソックスでふくらはぎを細くできる?

着圧効果のある商品には、ソックスだけでなくタイツやレギンスなども販売されています。
着圧ソックスは、以前から病院で血流改善など治療目的で使われています。
それは脚の末梢から中枢に向かい段階的に静脈に圧力をかけると血液の循環が良くなるからです。

 

病院での術中や術後の合併症で最も重大なのは深部静脈血栓症。
特に肥満患者においては発現率が高いと言われ、そのため弾力包帯や弾性ストッキングでの圧迫による予防が必要なのです。
この方法によって静脈血管腔の拡大を防ぎ、静脈うっ血による血栓形成の予防を図ります。

 

したがって、着圧ソックスの使用目的は、ふくらはぎを細くするためというよりも、筋のポンプ作用を助けて血液やリンパ液の滞りを軽減して浮腫を軽減することが目的です。

 

医療用着圧ソックスだけでなく家庭用の物もありますが、個人差が大きく誰にでも効果があるとは限りません。
ですが、着圧ソックスの正しい使い方を心得ておくと、ふくらはぎの浮腫みを抑えるのに効果的なのです。

 

ポイントは正しい位置に着用することです。そうすれば、正しい圧力調整が行われ、血行促進効果が得られるのです。
少しでもズレやねじれが生じると、締めつけ感が強くなったりすると逆に血管が圧迫されるので、誤用に注意してください。

 

色々な着圧ソックスがある!

浮腫みを取ってスッキリした脚にしてくれるので、着圧ソックスは今非常に人気です!
ファッション雑誌などの美容コーナーでは、たびたびモデルやタレントも愛用して紹介していることもあり、ここ数年色々な丈や用途の着圧商品が出てきましたが、正しく使っていないと浮腫みが取れず、逆にひどくなる恐れがあります。

 

妊娠の人は浮腫みになりがちで、それを改善するために医師や看護師らから認められている「リカバリーソックス」もあります。
医療業界で人気なのがイタリア製の着圧ソックス。これは浮腫みや静脈瘤の専門医が設計した物で、血液循環の促進はもちろん筋肉への栄養補給や老廃物除去の効率も良くしてくれます。

 

これらは一般の足痩せグッズとは違いますが、長時間座りっぱなしや立ち仕事が続いたり、乗り物移動を伴うシーンでは、着圧ソックスで血行をサポートしてあげるといいでしょう。
着圧感には個人差があるので、できれば購入前に試してみて履き疲れないもの、痛みのないものを浮腫み改善に使っていくといいですね。

 

それと同時に、一日中履きっぱなしにせず着圧ソックスから脚を解放してあげる時間も作ってあげるといいでしょう。

 

 

スリムウォークとメディキュットはどちらがいいの?

着圧ソックスの中でも、メディキュットとスリムウォークが代表的ですが、履き心地や効果が少し違ってきます。
では、実際にはどのような効果があるのでしょうか?
口コミを参考に、よく挙げられている内容を次のようにまとめてみました。

 

メディキュットのメリットは?
翌朝スッキリしてむくみがとれていた
身体が軽くなった
脚がサイズダウンした
しっかりした締め付け感があり、翌朝、脚が非常にスッキリした
着圧感が強い
通気性がよく、寝る時に履くのにちょうどいい

 

スリムウォークのメリットは?
ふわふわの履き心地でGOOD
肌触りが良くてふわふわ(夏は暑いかも…)
適度な着圧感で寝苦しさがない
締め付けが少ないのでもっと締め付けてほしい
きつめで着圧ソックスを履いているという感じがする

 

どちらも寝ている間のズレがほとんどないのが嬉しいです。どんな履き心地を求めるかで、使わいけるといいですね。

 

着圧ソックスを履くと、足のラインをキレイに見せることもできます。
ただし市販の着圧ソックスは医療品とは違うので、必ず静脈瘤の症状が治るものではありません。

 

ですから浮腫みを何とかしたいのであれば、浮腫む前に履くことをオススメします。浮腫んでしまった後に着圧ソックスを履いても、着圧効果は半減してしまいますからね。

 

長時間立ち仕事をする場合には、下肢静脈の流れが悪くなって浮腫みやだるさが出てしまうので、ぜひ着圧ソックスを履いておくといいでしょう。

スポンサーリンク