むくみ改善がふくらはぎを細くなる!

ふくらはぎ,細く,方法,むくみ,改善

ふくらはぎを細くする上で、もっとも重要なことは何でしょうか?足がむくみやすい人は、むくみを改善することが大切になってきます。
良く歩いた日や同じ体勢でずっと過ごしていたりすると、足がむくみやすくなります。

 

特に夕方に入ると、足がパンパン腫れてしまうほど、むくんでしまったりしませんか?

 

むくみが目立つ部分と言えばふくらはぎですよね?
女性の場合は膝下を良く出しますから、ふくらはぎの部分が一番注目されやすいと思います。だからこそ、ふくらはぎは出来るだけ細くなってもらいたいでしょう。

 

では、ふくらはぎを細くするためにむくみをどう改善したらいいのでしょうか?

 

 

マッサージが重要な訳

私たちの身体は心臓から送り出された血液が全身のすみずみまで行き渡り、栄養や酸素、老廃物を正しく循環させ、身体を健康な状態に保ってくれています。

 

体内を循環している血液の多くは、実は下半身に集まっているのです。
でも、一体どうやって足元に流れてきた血液をて重力に逆らいつつ心臓に向かって押し出していくのでしょうか?

 

実は、そこで重要な働きを担うのがふくらはぎの筋肉なのです。
ふくらはぎを触ってみると、わずかに硬い感覚があると思いますが、それが筋肉です。

 

ふくらはぎは大部分が筋肉でできており、そこに脂肪がついているのです。
このふくらはぎの筋肉がポンプのような役割をしてくれているおかげで、重力に逆らって血液が心臓に送り返されるわけです。

 

この働きが低下すると、血液の循環が悪くなり、心臓に負担がかかるだけでなく、高血圧や動脈硬化といった病気を引き起こす可能性が潜んでいるわけです。

 

女性に多い悩みである冷え症は、血のめぐりが悪くなることによって起こるものですが、血のめぐりが悪くなると、老廃物が正しく排出されずに、身体がむくみやすくなります。

 

血液は重力のみを考えると、上から下へ流れるわけで、上にあげる働きがにぶってしまうと、どんどん下の方に血液も老廃物も溜まっていってしまいます。
私たちの身体の一番下にあるのは足ですね。

 

特にポンプの役割を担っているのはふくらはぎですので、ふくらはぎの役割がにぶると、当然ここに溜まってしまいます。

 

 

マッサージでむくみを改善しよう!

ふくらはぎのむくみを取るだけでも、細さが全く違ってきますし、毎日マッサージをするだけでも目に見えて細くなってくるはずです。
ふくらはぎを細くする方法は他にもありますが、むくみを改善することが手っ取り早いかと思います。

 

ふくらはぎには、足全体の血行を促進したりリンパ腺の流れをスムーズにするという働きを持っています。この働きが滞おりなく行われていれば、足がむくむことはありません。

 

しかし、残念ながら足のむくみというのは、どんな人にでも起こりやすいのです。
なぜなら、ふくらはぎが一生懸命血行やリンパの流れをスムーズにしても、その働きは完全ではないからです。

 

足は心臓から一番遠い部位にあたり、しかも重力によって下に引きつけられてしまいます。
だから、血行やリンパの流れがかなりスムーズじゃないと、結局はむくみやすいのです。

 

つまり、ふくらはぎのむくみを改善するには、血行やリンパが流れるのを手伝ってあげることがポイントになるんです。

 

血行やリンパの流れを促進する方法はいろいろありますが、やはりマッサージをするのが効果的と言えるでしょう。
マッサージ方法を詳しく知りたい方は→ふくらはぎのむくみを取るリンパマッサージ方法へ。

 

直接的にふくらはぎを刺激出来るのですから、即効性もあります。
マッサージの方法で重要なのは、とにかく下から上に向かって流すということ。
足首から上にゆっくり優しくマッサージしていくだけでリンパの流れが良くなり、次第にむくみが取れていきます。

 

決して上から下にマッサージしないようにしてください。

 

マッサージの方法自体はとても簡単で、足首からふくらはぎを通って、膝裏に老廃物や水分を押し込むような感じでマッサージします。
また、ふくらはぎのサイドにもリンパが通っているので、くるぶしやくるぶしの内側からサイドを通って膝までマッサージしましょう。

 

さらに、足の裏や足の指などをもみほぐしてあげるとより血行促進につながるので、併せてマッサージするのも効果的です。

 

自宅で入浴中にマッサージをするのも良し、テレビを観ながらマッサージするのも良し、寝る前にマッサージするだけでもむくみが取れて、少しでもふくらはぎが細くなれるように念入りなマッサージをされてはどうでしょうか?

スポンサーリンク